前回からの続きです。
美肌への第一歩は、汚れを落とす事。洗顔が大切です。
そこで、今の季節の洗顔についてお話ししたいと思います。

春の季語って、「そよかぜ」「春一番」「東風」など、風に関するものが多いですよね。
花粉症の原因になるスギ花粉も、遠い山から風に乗って、私たちの住む地域に舞い降りてくるのです。
俳句や短歌に登場する、趣のある「春霞」っていう言葉は、実は花粉などの空気中の細かいホコリが正体だったりします。笑
春は風が花粉や土を舞い上げる、とってもホコリっぽい季節なのです。

春風

そんな細かいホコリや塵は、お顔にもついています。
敏感な方は、この時季、お顔がムズムズ感じるかもしれません。

お顔に細かいツブツブが付いていると想像してみてください。
夜、お化粧を落とす時に、そのツブツブがついたまま、クレンジング剤を使って、肌をこするとどうなるでしょうか?
天然ゴミスクラブ!? なんて笑っては居られません。
肌の上に小さな擦り傷を作る事になってしまいます。

そこで、今の時季におすすめなのは、肌に負担にならぬよう、クレンジング剤は優しいミルクタイプを選び、たっぷりお使いになる事です。たっぷり使う事で、ツブツブ汚れが肌を直接擦る事なくお化粧汚れとなじみます。
クレンジングミルクをたくさん使うと、経済的にはちょっと…ですね。
はい、それでは、次回は、もっと経済的に優しいクレンジングの方法をお伝えいたしますね。

ご来店予約大阪でプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る