裏切りの日

E8A38FE58887E3828AE381AEE697A5

1582年(天正10年)6月2日、京都の本能寺で織田信長が家臣である明智光秀の裏切りにより攻められ、本能寺で自害したことよりこの日を『裏切りの日』とされています。【本能寺の変】
戦で苦戦していた羽柴秀吉の応援を命じられた明知光秀は、進軍の途中で道を変更し、京都の本能寺で宿泊していた織田信長の寝込みを襲いました。
襲撃を知った信長は近侍の森蘭丸に誰の襲撃か尋ね、明知光秀と聴くと「是非もなし」と応えて寺に火を放ち自害したとされています。
また織田信長の遺体が見つかっていないことや、明智光秀の謀反の理由などは諸説あり日本史の謎・永遠の歴史ミステリーとされています。

ご来店予約大阪でプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る