夏野菜の効能についての2つ目は「きゅうり」です。
こちらもサラダではおなじみの野菜ですね。一年中出回っていますが、旬は今の季節です。きゅうり

実はギネスで「世界一栄養価の少ない野菜」として認定されている野菜で、そのほとんどが「水分」なのですが
だからこその効能としては、体の熱やほてりを下げる働きがあります。
夏は暑さで体に熱がこもりがちです。きゅうりを食べる事で、体熱を下げる助けになります。
また、きゅうりに含まれるカリウムは、余分な水分の代謝を助けるので、むくみの防止にもなります。
夏に採れる野菜には、夏ならではの私たちの体の不調を整えてくれる働きがあるのですね。自然の摂理の素晴らしさを感じます。

ご来店予約大阪でプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る