夏のお愉しみ、「夜店」
昨日の記事で、岸和田城の夜店をご紹介いたしましたが、
gardenが位置する泉州には、ちょっと変わった「夜店」があります。
岸和田市のお隣、日本一小さな町、忠岡町の「墓店」がそれです。
お墓でお店!?なんの事だと思いますか?
yjimage

地域では昔から、お盆に家へ戻ってくるご先祖様の霊を迎えに行くため、提灯を持って家族でお墓詣りをする習慣があり、墓地へ続く道沿いに、100件以上も出店がずらりと並ぶのだそうです。
これを「墓店」と言って、忠岡町から、転勤や結婚で出た人にとっても、故郷を懐かしむ風習として、夏の帰省の楽しみの一つになっているくらいに、地元では昔から人々に親しまれて来ました。
家族でにぎやかに迎えてもらって、ご先祖様も楽しくて喜ばれるでしょうね!!
墓店が開かれるのは、毎年8月13日。
 忠岡町観光ガイドにも詳しく紹介されています。
お近くの方は、今年の墓店に是非行ってみて下さい!

 

ご来店予約大阪でプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る