どこの国にも、昔からおばあちゃんの知恵のように伝わる、民間療法があります。体に優しく、生活の中で安心して人々に受け継がれて来た、生活に根付くものです。
花粉症や、風邪気味で体調が整いにくい時季ですが、そのような方にオススメの、イギリスでは一般的な「コーディアル」のご紹介です。
コーディアルとは、ハーブを水と砂糖、時には柑橘類と共に煮だしたシロップを言い、使用するハーブの種類によって、色々な体調不良の改善が期待できるものです。
今の時季、最もおすすめなのは「エルダーフラワー」というハーブ。日本では「ニワトコ」と呼ばれるハーブです。

画像は京都にある、天橋立:橋立ベイホテルさんからお借りしました。こちらのハーブガーデンには、エルダーフラワーの木があります。
生の花の季節は初夏の頃と限られますが、ドライハーブを使うと、一年中コーディアルを作って活用することが可能です。
ここぞ!と言う時には、薬が必要ですが、私は、何となく体調がねーとか、風邪かなー?という時に、エルダーフラワーのコーディアルをお湯で割ったり、ソーダ割りにして飲むと、植物の力をもらえる気がします。
お子様にも安心して飲ませてあげられますね。
色々なレシピがネットで紹介されていますので、是非ご覧になってみてください。

ご来店予約大阪でプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る