結婚指輪のgarden本店 > 9650287/9750287
9650287/9750287
  • 表示価格には消費税(8%)が含まれております。
  • 価格・仕様は予告なく変更になる場合がございます。
  • ご覧の環境より実際の色調と異なる場合がございます。
  • 商品の詳細に関しましては店頭までお問合せください
結婚指輪(マリッジリング)

9650287/9750287

結婚指輪(男性用) ¥169,560(税込)
結婚指輪(女性用) ¥222,480(税込)
FISCHERは、鍛造製法(鍛造作り)で結婚指輪を作るメーカーです。鍛造製法はドイツメーカーが世界でもトップの技術を誇りますが、FISCHERはドイツメーカーの中でも最高水準の技術力を持っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
源にあるのは、ドイツマイスターの精神
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
歴史を越えて受け継がれるマイスターの伝統の技術と最先端の技術の融合から生み出されたFISCHERの世界最高クラスのマリッジリング。一つ一つ手間を惜しまず、丁寧にハンドメイドで作り上げられます。

ーーーーーーーー
マイスターとは
ーーーーーーーー
FISCHERを語る上で外せないのが、『マイスター』の存在です。マイスターというのはどういった存在かと申しますと、日本で例えるならば、職人の親方さんにあたる存在です。ドイツでマイスターになろうと思うと、マイスターになるための試験に受からなけれいけません。試験の前にまずマイスターの下で3-5年の修業期間を経てマイスターに認められてからマイスターのもとから卒業します。そのあと2年間、専門学校に通い、そこから試験を受けますが、その試験も人生のうちに2回しか受けることができず、その試験に通ったものだけが『マイスター』の称号を名乗ることができます。非常に厳しい道のりを乗り越えた職人たちが作るからこそ、FISCHERは世界最高レベルの品質の指輪を作ることができるのです。

幅4㎜~アレンジ可能
画像は全て4㎜

対応可能マテリアル
ホワイトゴールド・グレーゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールド・アプリコットゴールド

表面を川を流れる水の動きをイメージした流動的な動きを感じる結婚指輪です。川の水が永遠に流れ続けるように二人の愛が永遠に続いていくよう願いがこめてデザインされました。女性側にデザインのラインの中の一本にダイヤモンドあしらい、ダイヤの大きさを変えて、輝きにグラデーションがかりより美しく見えるデザインが特徴です。表面の模様はすべて機械で削り上げていくのですが、ダイヤモンドカッターで削りあげていくので1/100mm単位まで削りあげることにより、このような滑らかな動きの模様を作りあげています。リング幅がしっかりしていて重厚感が先に感じてしまうのですが、指に通してみると、動きのある表面の滑らかなデザインが繊細さと美しさを感じる結婚指輪に仕上がっています。

ーーーーーーーーーー
手作業へのこだわり
ーーーーーーーーーー
鍛造メーカーはそれぞれ得意としている部分をもっています。ゲスナー(ドイツNo1メーカー)なら、他のドイツメーカーの追随を許さないほどの機械による精巧な造りで指輪を仕上げたり、EGFならマテリアルをフォルツハイムの工科大学との共同で地金の配合を研究して、他のメーカーが真似できない地金作りをしています。では、FISCHERはどの部分に特化しているかというと、石留め・表面加工(マット)といった職人の手作業の部分で他のメーカーの追随を許していません。FISCHERはドイツメーカーでは珍しく、宝飾の石留め職人が立ち上げたメーカーです。ほかのメーカーは工業用のネジなどの部品メーカーが始まりのところが多かったりします。
石留め職人が立ち上げた工房だからこそ、他メーカーでは表現できないマットをできたり、そのマット加工も職人による手作業ですが職人が変わるとマットの雰囲気が変わるといったこともなく、どの職人でもほぼ同じマットで仕上げてきます。石留めも※【マイクロセッティング】で全部のダイヤモンドを留めていきます。だから、FISCHERの指輪は納品後の石取れのクレームも異常など少なく、安心してお客様にお勧めすることができるのです。
※スコープで覗きながら石留めをすること。非常に熟練した職人でなければできない作業です。

DESIGN

  • 結婚指輪(女性):
  • シンプル・ストレート
  • メレダイア付き
  • 結婚指輪(男性):
  • シンプル・ストレート
  • 幅広

TASTE

  • 結婚指輪(女性):
  • ゴージャス
  • 個性的
  • 結婚指輪(男性):
  • ゴージャス
  • ハード系
  • 個性的
プロポーズ応援企画|大阪でサプライズプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る