前回からの続きです。
肌の汚れを優しく、きれいに洗い流したら、次は基礎化粧品ですね。

冬を過ぎ、なお春も実は肌が乾燥しやすいのです。乾燥してめくれた角質の隙間に、花粉その他の細かい汚れやチリが入り込むと、ごそごそ悪さをします。それがかゆみの原因となる事もあり、こすったり掻いたりすると、ますますトラブルの元になります。
そこで、洗顔後には、たっぷりと水分を補い、もちもち肌に近づけましょうね。
角質が潤って、元気だと、肌のバリア昨日もしっかり働くので、外からの刺激に強くなれるんです。

保湿

化粧水を手に取り、お顔全体にそーっとおさえるように馴染ませます。決してパタパタはたいたり擦ったりしないでくださいね。
外から刺激を受けると、皮膚は強くなろうとして分厚くなってしまうのです。赤ちゃんの足の裏は柔らかいですが、歩き始めると固くなりますね。それと同じ事です。
大切なお顔を「足の裏」状態にしないで下さいませ。笑

一度化粧水が馴染めば、これを二度、三度繰り返します。目のすぐ際や口の周りなど、細かい場所も忘れず、丁寧に。
肌がもっちりすれば、水分補給完了です!

 

ご来店予約大阪でプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る