結婚指輪のgarden本店 > ダイヤモンドのトレーサビリティ(原産地証明)|ダイヤモンド ジャーニートレーサビリティ(Diamond Journey™ Traceabilit)

ダイヤモンドのトレーサビリティ(原産地証明)|ダイヤモンド ジャーニートレーサビリティ(Diamond Journey™ Traceabilit)

ダイヤモンドのトレーサビリティ
(原産地証明)
Diamond Journey™ Traceability
(ダイヤモンドジャーニートレーサビリティ)

ダイヤモンドのトレーサビリティの重要性

婚約指輪に使うダイヤモンドだからこそ、少しでも安心のダイヤモンドを贈りたい。そんな声に応えるべく、gardenでは、原石証明と原産地証明の両方がついた【IDEAL Canada】をご用意しております。この原石証明や原産地証明はダイヤモンド業界を牽引する『Sarine Technologies社(サリネ・テクノロジー社)』によって、カナダにある鉱山でダイヤモンドが採掘されたあと、責任をもってすべての流れを把握して証明されています。
日本で初めて、gardenがサリネ社のダイヤモンドジャーニーによるカナダの鉱山からのトレーサビリティが保証されたダイヤモンドの取り扱いを始めました。

ダイヤモンドのトレーサビリティ(原産地証明)とは?

ダイヤモンドのトレーサビリティのイメージ
トレーサビリティ(Traceability)とは、トレース(Trace:追跡)とアビリティ(Ability:能力)を組み合わせた造語で、日本語では「追跡可能性」と訳されます。
選んだダイヤモンドがどこの鉱山で採掘され、どのような形の原石であったのか、その原石がどこの部分をどういう風にCut(カット)されたのかといった、選んだダイヤモンドの生い立ちを全て知ることができます。

詳しくはこちらをご覧ください↓↓↓
https://sarine.jp/diamond-journey/

Sarine Technologies社とは??

ダイヤモンドの全てを把握するサリネ社
サリネ社
「サリネ・テクノロジー社」はイスラエルに本社を持つ世界的企業で、ダイヤモンド関連ハイテク機材を開発製造している同分野でのリーダー企業です。 世界中の鑑定機関や研磨工場での導入シェアは80%を超えており、世界中のダイヤモンドのほとんどはSarine社のテクノロジーを使用して製造、及びクオリティをチェックされています。 Sarineはまさにダイヤモンドの信頼を象徴するブランドです。 

サリネ・テクノロジー社の詳しい内容はコチラをご覧ください↓↓↓

ダイヤモンドをトレーサビリティ(原産地証明)するメリット

一生に一回のお買い物である婚約指輪用のダイヤモンドをしっかりとトレーサビリティすることのメリットは、
1.紛争ダイヤモンドが混入しない

紛争ダイヤモンドとは、『正統的な、かつ国際的に承認された政府に反対する勢力の制圧下にある地域で産出し、これら政府に対する軍事行動向け資金として利用されるダイヤモンド』のことを言います。ダイヤモンドビジネスは、大きな利益を生みます。そのため、時には紛争のための資金源となることもあるのです。

2.2次流通のダイヤモンドの心配がない

日本のダイヤモンド業界の大きな問題でもある『二次流通ダイヤモンド』。二次流通ダイヤモンドとは一度、人の手に渡ったダイヤモンドが中古市場に流れて、もう一度店頭で販売されるダイヤモンドです。ダイヤモンドを鉱山からトレーサビリティすることで二次流通ダイヤモンドのリスクを失くすことができます。

3.合成ダイヤモンドのリスクがない

ここ数年でCVDダイヤモンドなどの合成ダイヤモンドの技術の進歩が格段と進み、市場にも合成ダイヤモンドが増えつつあります。婚約指輪に使うダイヤモンドだからこそ、自然の神秘でもある天然ダイヤモンドに拘りたいという声も多く聞こえます。ダイヤモンドのトレーサビリティでこういった合成ダイヤモンドのリスクもなくすことができます。


gardenのダイヤモンドへのこだわり

ダイヤモンドのトレーサビリティ(原産地証明)1
トレーサビリティされたダイヤモンドでIDEALカナダの鉱山があるカナダ

まずは調達源を

gardenで取り扱う原産地証明と原石証明がついた【IDEAL Canada】は、北アメリカの『カナダ』にある鉱山で採掘されています。カナダ政府の厳しい法律により環境保護、労働者の権利が厳格に守られており、紛争ダイヤモンドでないことはもちろん、エシカルで環境と人間に配慮された方法で採掘されていることで知られています。
ダイヤモンドのトレーサビリティ(原産地証明)2
トレーサビリティされたダイヤモンドでダイヤモンドジャーニーの原石のスキャン

Sarineで原石からすべての道のりを管理

原石が採掘された後はSarineの最先端原石原石3Dスキャナーによって、管理ナンバーをつけて登録され、管理されます。ここからIDEAL Canadaのダイヤモンドはサリネによって全て管理されます。どのような場所に内包物があり、どのような形に仕上がっていくのかも全て管理されます。こういった形でダイヤモンドのトレーサビリティを行っていきます。
原石証明の詳しい内容はコチラをご覧ください↓↓↓
ダイヤモンドジャーニーで原石証明のお話
ダイヤモンドのトレーサビリティ(原産地証明)3
トレーサビリティされたダイヤモンドのアイデアルでベルギーでの研磨の様子

精巧で緻密なカット

IDEAL Canadaのダイヤモンドはカナダで原石を採掘した後は、世界で一番優秀なカッターが集うベルギーの『アントワープ』にてCut(カット)されています。IDEALのダイヤモンドはラウンドブリリアントカットの生みの親であるマルセル・トルコウスキーが創り出した究極のプロポーションを復活させています。IDEALのすべてのダイヤモンドに646項目ものデータに管理されて研磨されています。その寸分の狂いもない完成したプロポーションはIDEALのみでしか表現できません。
ダイヤモンドのトレーサビリティ(原産地証明)4
トレーサビリティされたダイヤモンドの美しさ

約束された輝きの美しさ

原産地証明・原石証明までトレーサビリティされたダイヤモンドである『IDEAL Canada』はサリネ・ライトで輝きを科学的にで測定し、『ブリリアンス・ファイア・スパークル・ライトシンメトリー』のそれぞれの項目で最高評価を取得した【アルティメイトスリースター】という輝きの最高の称号を得たダイヤモンドしか使用しておりません。
ダイヤモンドのトレーサビリティ(原産地証明)5
トレーサビリティされたダイヤモンドの石留めのイメージ

セッティング

究極の美しさと世界最高の安全性をあわせ持つIDEALのダイヤモンドをセッティングするために生まれた婚約指輪のIDEAL plus fort(アイデアル プリュ フォール)。世界で初めてリング部分(腕)だけでなくダイヤモンドをセッティングする爪(石座)まで鍛造製法で作りあげられています。指輪が変形するから石落ちが発生するので、その変形というアクシデントを極限まで避けられるように作られえています。
ダイヤモンドのトレーサビリティ(原産地証明)5
ダイヤモンドがトレーサビリティされるイメージ

ダイヤモンドが辿る過程の重要性

IDEAL Canadaのダイヤモンドは、信頼できる採掘業者や供給元から直接調達されています。ダイヤモンド調達における積極的な取り組みを通して、新たに調達したすべてのダイヤモンド(0.2カラット以上)を個別に登録し、それらの原産地情報(原産地域、原産国)と原石証明を提供しています。そして現在、IDEALダイヤモンドのクラフト ジャーニーは、ダイヤモンドがどこで製作されたかという情報も共有できるようになりました。IDEALダイヤモンドの道のりは、ダイヤモンドが辿った場所を示すこと以上に、IDEALダイヤモンドを取り扱うgardenの業務が、地域社会、人権、環境に与えるポジティブな影響をもたらすと信じております。

『企業の社会的責任CSR(サスティナビリティ)としてお客様が最も信頼・安心できるものを開発、提供していくことがgardenの目的です。』


ダイヤモンドのトレーサビリティにこだわるgardenの婚約指輪

↑gardenが取り扱う婚約指輪を見る↑

ダイヤモンドの輝きの評価

ダイヤモンドの輝きの評価

最高品質の輝きを持つダイヤモンド

IDEALダイヤモンド

gardenのダイヤモンドが選ばれる理由
プロポーズは憧れから当たり前へ
プロポーズは、憧れからあたり前へ
プロポーズ応援企画|大阪でサプライズプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る