結婚指輪のgarden本店 > ブログ > 岸和田市・和泉市・堺市でパールを探すなら!大特集

大阪パール豊富ジュエリーショップ安い高品質

PEARL<パール>
南大阪(泉南・阪南・泉佐野・貝塚・和泉・岸和田)
和歌山で,真珠(パール)をお探しなら…
常時50本以上の真珠(パール)ネックレス・2点セットをご用意しております。
最高品質のあこやの本真珠・花珠
WAKANA(ワカナ)・黒真珠をお取り扱い。 それは大人の女性であれば、誰もが必要な
大切なマナー用品の1つです。

  • 岸和田市・和泉市・堺市でパールアコヤ真珠
    あこや本真珠
  • 岸和田市・和泉市・堺市でパール花珠
    花珠真珠
  • WAKANA
    WAKANA(ワカナ)
  • 岸和田市・和泉市・堺市黒真珠南洋
    南洋黒真珠
  • 真珠の選び方
    真珠の選び方・ポイント
  • 真珠ができるまで
    真珠ができるまで

あこや本真珠ネックレス

あこや本真珠ネックレス

世界中で真珠といえば “日本産アコヤ真珠”といわれるほど有名で人気が高い日本の代表的な真珠です。 アコヤ真珠は海外でも養殖が行われていますが、最も高く評価されているのが日本のアコヤ真珠です。日本特有の四季の変化が、高品質な真珠が育つ最適な環境を生み出しています。 日本のアコヤ真珠は、真珠を形成する真珠層の透明感が高く、それに応じた輝き(テリ)も強く美しい物がつくられます。

garden本店では日本のアコヤ真珠の中でも最高級品質のものを厳選しております。

アコヤ本真珠ネックレス 商品一覧

岸和田市和泉市堺市パール

パール2点セット
7-7.5mm
¥119.000
岸和田市和泉市堺市パール真珠

パールネックレス
7mm
¥39.900
岸和田市和泉市堺市パールネックレス

パール2点セット
7.5-8mm
¥188.000

花珠真珠ネックレス

大阪真珠岸和田市アコヤ真珠和泉市堺市

アコヤ真珠のグレードには実際幅広いランクがあり、一言で「花珠真珠」と「アコヤ本真珠」の二つに分けられます。実際には、それぞれの品質にも大きな幅がございます。

花珠真珠は、非常に稀少で美しい真珠です。>あこや本真珠の最高品質である花珠真珠とは、特に「照り」、「巻き」、「キズ」、「形」、全てのグレードが上級であることが条件です。花珠真珠は、200個のあこや本真珠の中から1個程の割合しか取れないと言われているほどとても美しく希少な真珠です。

一度花珠真珠に出会ってしまうと、もうそのとりこになってしまうこともあります。それぐらい花珠真珠には魅力があふれているのです。

花珠真珠ネックレス 商品一覧

岸和田市・和泉市・堺市でパール花珠

花珠2点セット
7-7.5mm
¥179.000
岸和田市・和泉市・堺市でパール花珠

花珠2点セット7.5-8mm
¥119.000
岸和田市・和泉市・堺市でパール花珠ネックレス

花珠2点セット
7-7.5mm
¥199.000

純国産 WAKANA (ワカナ)

岸和田市・和泉市・堺市でパールWAKANA

WAKANAは、シチズンジュエリーと日本屈指のアコヤ真珠養殖場上村真珠とのコラボレートで生まれた、純国産のパールブランドです。 WAKANAで使用する真珠は全て、上村真珠が創り出した美しいアコヤ真珠のみを厳選しています。専用の鑑別書は、WAKANAの品質保証の証しです。

美しさの理由

純国産のアコヤ真珠がほとんどなくなった中、WAKANAは「アコヤ真珠本来の美しさ」にこだわった高品質な純国産アコヤ真珠です。

層の厚さ

WAKANAは巻き(真珠層)の厚い越物 だけを使用しているため、美しい光沢が特徴です。 また巻きが厚いため、耐久性に優れ、一般的なアコヤ真珠よりも長期間美しくお使いいただけます。

無調色

一般的にアコヤ真珠は、その美しさを引き出すために赤い染料を入れる、調色処理が施されています。

しかしWAKANAは、真珠が養殖時に含んだ有機物(シミ)を除去する処理にとどめ、調色処理は一切行わず海から生まれたままの「アコヤ真珠本来の美しい色」にこだわりました。
自然のままの美しさを生かした真珠だからこそ、年月を経ても色褪せることなく長期間安心してお使いいただけます。

WAKANA ネックレス 商品一覧

岸和田市・和泉市・堺市でパールWAKANA

WAKANA2点セット
7-7.5mm
¥129.600
岸和田市・和泉市・堺市でパールWAKANA

WAKANAパール
6.5-7mm
¥86.400

岸和田市・和泉市・堺市でパールWAKANA

WAKANA2点セット
7.5-8mm
¥216000


南洋黒真珠ネックレス

岸和田市・和泉市・堺市黒真珠

結婚式・葬儀・法事・同窓会・パーティーなどが増えるのも40歳を過ぎてからです。

黒蝶真珠は様々なシーンで身につける人のお気持ちをあらわす大切な装身具です。

黒というイメージから、やはり用途は喪のイメージが強いのですが、そもそも、「喪」の場合に着ける真珠は、必ず黒・ブラックパールという決まりもなく、黒真珠は喪にしか使えない真珠というわけではありません。

黒い真珠も、特に、グリーンなどの干渉色が入ったものは、華やかで パーティーに使えます。ただし、「黒真珠は、お葬式のイメージ」など世間一般でいつの間にか広がって、浸透しているイメージもあります。

難しい黒真珠選びも、garden本店の熟練したスタッフが親身にご相談承ります。

南洋黒真珠ネックレス 商品一覧

岸和田市・和泉市・堺市黒真珠南洋

南洋珠ネックレス
8-10mm
¥99.900

岸和田市・和泉市・堺市黒真珠南洋

南洋珠ネックレス
9-10mm
¥159.000

岸和田市・和泉市・堺市黒真珠南洋

南洋珠ネックレス
8-11mm
¥198.000


真珠の選び方・6つのポイント

岸和田市・和泉市・堺市黒真珠南洋

1.真珠の照り(テリ)

照り(テリ)とは、真珠の光沢(輝き)のことです。これは真珠層の均一さ、表面が滑らかさなどによって差が出てきます。つまり、表面が滑らかで、真珠層の巻きが厚いほど照りが良くなり、価格が上がります。このように「巻き」と「照り」は真珠の輝きを左右するもので、真珠を選ぶ時の大切なポイントになります。

照りが良い真珠

真珠に映るものがシャープに見え、真珠を覗き込むと自分の顔が映っているのがはっきりと見えます。また、内側から深みのある輝きを放っています。

照りが良くない真珠

真珠に映るものがぼやけたように見えます。また、真珠の内側からでなく、プラスチックパールのように表面上がピカっとしていて重厚な輝きがありません。

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠

2.真珠の巻き厚

巻き厚とは、真珠の核を巻いている真珠層の厚さのことです。真珠はドブ貝を加工して作った丸い核を貝の中に埋め込み、その周りを貝自身が作り出す分泌物で覆うように巻いていくことによって出来ていきます。つまり、巻き厚はその覆われた分泌物(真珠層)の厚さのことを言います。

巻きが良い=真珠層が厚いということです。

真珠層が厚いものほど良質で強い輝きを発する力を持っています。
しかしながら、肉眼で巻きの厚さを識別するには長い経験が必要になるため、一般の方が巻きの厚さを識別するのは困難です。簡単な識別方法としては、ポイント1の「照り」(テリ)でお伝えしたように、巻きが厚いほど深い光沢を放ちます。
巻きが薄いと、プラスチックパールのように表面上がピカッとしていますが、重厚な味わいがありません。また、真珠層がはがれやすくなる、黄ばみが出る、色あせが早いなど劣化現象が起きてきます。

あこや真珠は厚さが0.35ミクロン~0.5ミクロン(1ミクロン=1/1000mm)という非常に薄いアラゴナイトといわれる炭酸カルシウムの結晶が1000枚以上積み重なって構成されています。

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠

3.真珠の傷

真珠は生きている貝から形成される宝石ですので、傷は当然、自然物としてできます。傷には大きく分けて2つあり、加工時に出来た傷と真珠が育つ間に出来た傷(エクボ)があります。

まず、加工傷ですが、真珠もダイヤモンドやルビーなどの宝石のように、本来の美しさを引き出す加工を施します。 これをエンハンスメント(改良)と言い、加熱や漂白、調色などの処理方法があります。これらの処理は過度に陥ると真珠層を崩壊しますが、その痕跡を加工傷と呼んでいます。

加工傷の状態は、ひび、われ、剥れ等々いろいろあります。

次に後者の傷を「エクボ」と呼び、これは本真珠の「証」とされています。また、真珠をぐるっと一周するような溝を「サークル」と呼びます。 これらは貝の中で真珠が形成されるときに色々な要因でできるのものです。真珠に傷がある場合は、キズの多さ、大きさ、場所が選ぶポイントになります。 傷が少ない程、またそのキズが小さい程、良質とされます。

全く無傷のものはごくわずかですので、傷の位置なら気にならないというものを選びましょう。

真珠ネックレスの場合・・・

中央部にキズが少ないもの

真珠ペンダント・真珠ピアス・真珠イヤリングの場合・・・

正面や横にキズが少ないもの

真珠リングの場合・・・

てっぺんにキズの少ないものがオススメです。

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠

4.真珠の色

天然の真珠は人と同じように同じカラーではありません。
真珠の色は真珠の種類によって違ってきますが、大きく分けてホワイト、ピンク(赤)、クリーム、ゴールド、ブルー、シルバー、ブラック、グリーン系に大別されます。より白色の鮮やかなお色味や肌なじみのよいクリームかかったお色味など様々。

一般的に白い色味が好まれる傾向にありますが、慶弔時の装いに黒っぽい色味が真珠に映り込むこともあるため、お肌に近いカラーも人気のお色味です。

ご試着されお肌映りのよいお色味を探されることをおすすめいたします。

あこや本真珠については、一般的にはピンク系が好まれているため、評価が高くなっていますが、好みや使用目的に合わせて選ぶことが重要です。

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠

5.:真珠の大きさ(サイズ)

基本的に品質が同じであれば、サイズが大きくなればなるほど価値とともに価格も上がっていきます。
パールネックレスは使用目的などによって適したサイズを選ぶと良いでしょう。

サイズはネックレスの「太さ」にあたる部分を測ります。グラデーションネックレスやバロックネックレスなど、真珠の大きさが複数ある場合は「7.0-9.0mm」のように真珠が一番小さい部分と大きい部分の2ヶ所の大きさを差します。
また、真珠ネックレスの長さですが、珠の連のみ(留め具がついていない状態)で約40~41cmが主流です。

これに2cmのクラスプ(留め具)をつけた場合、全長は約43cm程度になります。

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠

6.真珠の形状

基本的に「ラウンド(真円)」、「セミラウンド(やや丸)」、「バロック(変形)」に分けられます。
その他に、丸を一方から押しつぶしたような形の「ボタン」、しずくの形の「ドロップ」、楕円形の「オーバル」があります。

バロックなどの変形はまさに世界でひとつしかない真珠のため、根強い人気があります。また、完璧な真円の真珠は大きさが大きくなる程採るのが難しくなります。

照り、巻き、キズ、サイズ、色、形が同品質であれば、一般的には真珠の形が真円に近ければ近いほど評価が高いとされています。

ただし美しいドロップ(しずく型)は評価が高く、イヤリングなどのペアの真珠で形がそろっていれば、真円以上に評価が高くなることもあります。

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠


豆知識

お葬式時の真珠ネックレス

一般的にパールネックレスは喪の席でも許されている唯一のジュエリーです。

昔から「神の涙」と呼ばれており、哀しみの気持ちを表すものとされてきました。

お葬式には昔から多くのしきたりやマナーがあります。

真珠ネックレスの種類はあこや本真珠ネックレス(ホワイト、グレー、グリーン)以外にもタヒチ黒蝶真珠ネックレスや南洋白蝶真珠ネックレスもおすすめです。

1連の真珠ネックレスか真珠イヤリングなら問題ありませんが、二連の真珠ネックレスは「重なる」に繋がるため、タブーです。

真珠ネックレスの長さは胸から上、長くても60cmくらいまでに。

また、真珠リングはダイヤの大きいものは避け、シンプルなものを選びましょう。

マナーは「周りの人を気遣う」気持ちの表れです。

故人が親族、親戚の場合や、参列者にしきたりを重んじる方が多い可能性がある場合はあこや本真珠ネックレス(ホワイト、グレー、グリーン)のみにしておくほうが無難でしょう。

結婚式・披露宴時の真珠ネックレス

昼間のパーティーでは、ジュエリーは控えめにしましょう。真珠ネックレスは白のあこや本真珠ネックレスやマルチカラーのパールネックレスなどがおすすめです。

夜のパーティーでは輝きが強いジュエリーも問題ありません。ロングの真珠ネックレスや、ダイヤモンドのペンダントと重ね着けもおすすめです。また大きめの真珠ピアス・イヤリングやリングなどでパーティーを華やかに。


真珠ができるまで

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠

1.母貝となるアコヤ貝の秘密

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠

桜の季節も終わり、水温、気温ともに上昇してくると本格的な貝掃除の作業が始まります。冬場、貝に付いたフジツボやホヤなどの付着物をきれいに取り除き再び海に戻していきます。貝掃除は、一つ一つを手作業で行うので根気と体力を使いますが、貝の健康状態を保つためにとても大事な作業です。

真珠養殖において、母貝づくりはとても大切な作業となります。
母貝を人の手によって掛け合わせてつくることを、人工採苗(じんこうさいびょう)と言います。
実は、世界で初めて人工採苗に成功したのが、WAKANAでご紹介した上村真珠なのです。

今から40年以上も前に、壱岐の半城湾に適したアコヤ貝を作ることに成功し、そのノウハウはしっかりと受け継がれています。特に上村真珠では、研究を積み重ね自社で優秀な貝だけを掛け合わせ、より優秀な母貝を生産しています。

上村真珠のつくる真珠の最大の特徴は、強い輝き(テリ)と真珠層の厚み(巻き)そして透明感です。日本では一時期、海外のアコヤ貝との掛け合わせた母貝が多く出回り、品質の低下を招いてしまいました。

貝を掛け合わせてから、その結果が分かる真珠の収穫までは、4年から5年かかります。貝づくりは責任重大であるとともに、データ管理が大変重要です。

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠

掛け合わせをするための巨大な水槽。
大きな水槽で育てることで、ゆったりとした性格のよい?貝ができるそうです。

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠

受精させると億単位の貝の赤ちゃんが生まれます。生まれたての貝はまだ幼生なので動き回っています。 2週間くらいで貝の形となり周りに付着します。この時に付着させるためのコレクター(黒い網状のもの)を入れ、貝の赤ちゃんを集めます。
貝の赤ちゃんのエサは植物性プランクトン。億単位の貝の赤ちゃんのエサは膨大な量が必要となります。

2.真珠の核入れ

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠

核入れとは。

真珠の養殖に初めて成功してからおよそ120年。その方法は現在でもほとんど変わっていません。

真珠の養殖に必要なのは「核」と呼ばれる貝を丸く加工したものと、ピースと呼ばれる貝の外套膜の細胞片です。この二つをアコヤ貝の生殖巣に入れることで貝の中で真珠の基となる成分が分泌され、真珠が作られるのです。このような いわば生体間移植の技術がすでに120年前に確立されていたというのは驚きです。

2種類の貝を使用しています。

ピースと呼ばれる貝の中に入れる細胞片は外套膜といって貝殻を形成していく役割の部分の細胞を使います。この部分が真珠の色や輝きに大きく影響するためとても大切なポイントです。一方 細胞片と核を入れられる方の貝は厚みがあり、体力のある貝を使います。この貝次第で「巻き」が違ってきます。

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠
岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠

核入れ作業は、真珠作りの中ではとても大切な作業の一つです。 まずメスで貝の体の一部を切り、ピースと呼ばれる細胞片と核を入れます。 この細胞片と核がしっかり密着していないと真珠になることができません。 すばやく正確に作業を進めることがとても大切なポイントとなります。 核入れ次第で真珠の出来具合も大きく変わってくるので常に気を張って作業します。

3.核入れ後

真珠の輝き

順調に育ってきたアコヤ貝たちは後は収穫を待つばかり。 寒くなってからの一巻きが【化粧巻き】といって真珠の輝きを引き出すのです。 沖に出した後も定期的に貝の手入れが必要です。

栄養豊富な海ではアコヤ貝以外の生き物の成長もよく、貝にフジツボや虫などが着いてしまい、貝の負担となってしまいます。 一定期間おきに貝を海から揚げ、表面をきれいにしてからまた海へ戻してあげるのです。

4.浜上げ

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠

浜揚げは寒さの厳しい冬。水温が下がると貝の活動は低下して、形成される真珠の表面も微妙に変化を見せます。 11月から1月にかけて、真珠はもっとも美しい輝きを持ちます。


パールネックレスのお手入れについて

岸和田市・和泉市・堺市高品質真珠糸替え

真珠は主成分が炭酸カルシウムです。
酸、熱、水に弱いのが特徴です。汗やほこりが付いたままにしておくと、真珠の表面が酸や汗で侵され、照りを失ってしまう原因になります。 日常のお手入れはパールネックレスについた汗や汚れを、柔らかく乾いた布で優しく拭き取ってください。

真珠ネックレスをずっとずっと大事にお使い頂くために、2~3年に1度の糸替えをお勧めします。真珠ネックレスの糸はかつては絹糸でしたが、最近はビニロンやテトロンなどの化繊、それにワイヤーなどが使われております。パールネックレスを2年くらい使った時点でたるみがあったりする場合は、切れてしまう危険もあるため、早め早めの糸替えメンテナンスを。


親から子へ、受け継がれる真珠

母貝に守られ、長い年月をかけ少しずつ成長していく「真珠」は、愛情と守護の象徴。 凛としたホワイトカラーが清純で無垢なイメージを感じさせる真珠は、古くから結婚式に欠かせないジュエリーとして愛用されてきました。 また、両親から子供へと贈られる定番の「あこや本真珠ネックレス」は、大事に使えば数十年は綺麗に残ります。 何代も想いを込めて引き継がれることもあり、美しさ以上の意味を持つジュエリーでもあります。

ご来店予約

プロポーズ応援企画|大阪でサプライズプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る