結婚指輪のgarden本店 > ブログ > 結婚指輪の歴史知ってますか?
大阪の結婚指輪・婚約指輪garden本店 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

 
結婚指輪っていつからあるの?

いまでは当たり前のようになっている、結婚の際に男女でお互いに結婚指輪の交換をするという慣習は一体いつから始まったのかご存知ですか?婚約のときに男性から女性へ指輪を贈る慣習は、古代ローマ時代にはすでに行われていたのです。かつて、妻はお金で買われるものであり指輪はお金を支払った証拠として、女性ではなく女性の父親に渡されていたそうです。紀元前三世紀くらいには、婚約指輪は婚約が成立したことの証として用いられました。初期の結婚指輪は鉄製で、後に金で作られるようにもなりました。薬指にはめるようになったのは当時「薬指は心臓と繋がっている」と考えられていた為、もっとも大切な場所に誓いの指輪をさせていたのです。

ダイヤモンドの婚約指輪が渡され始めたのは?

結婚指輪は比較的にシンプルなものが多いですが、婚約指輪には大きめのダイヤモンドがあしらわれており、華やかなものが多いです。ダイヤモンドが最初に発掘されたのはインドで、インドでは紀元前4世紀頃にはすでにダイヤモンドの取引が行われていたそうです。ダイヤモンドはその後ヨーロッパへ渡り、14世紀にはカットや研磨の技術が生み出され、ダイヤモンドは非常に美しく希少なものとして裕福な王侯貴族が用いることが大半でした。その後、南アフリカでダイヤモンド鉱山が発見されたことで採掘量が増え、次第に庶民にもひろがるようになりました。ダイヤモンドは宝石の中でも硬度が高く壊れにくい性質を持っているため、「不屈の力」「永遠」などの意味が込められており、婚約指輪に限らず結婚指輪にも重宝されています。こうした長く輝き続けるダイヤモンドに「永遠」「固い絆」に通ずることから、婚約・結婚指輪に多く使われるようになりました。

結婚指輪を二人でするようになったのは?

結婚指輪を男女で交換するようになったのは、9世紀のローマ教皇であるニコラウス1世の結婚が由来とされています。花嫁に金の指輪、花婿に鉄の指輪を交換したとされており、この後に結婚指輪の交換が広まっていき、13世紀には今と同じように男女間で結婚指輪を交換することが一般的となりました。

日本で婚約指輪・結婚指輪はいつ広まったの?

日本で指輪が装飾品として普及し始めたのは明治時代とされています。キリスト教会の結婚式では指輪交換が行われ、キリスト教とともに伝来したのが最初と言われています。その後、大正時代には結婚指輪の文化は定着しました。一方、婚約指輪の慣習が徐々に定着し始めたのは昭和30年半ば以降のことです。また、昭和41年には戦時中に強制的に買い上げられたダイヤモンドが放出された上に、世界的なダイヤモンド供給会社であるデビアス社が日本に上陸し、一気に婚約指輪の慣習が広まったのでした。今では97.4%のカップルが結婚指輪の交換を行っています。古代ローマ時代から続く結婚指輪は、歴史のなかで少しずつ形を変えながら、ヨーロッパから遠く離れた日本でも広く受け入られるようになったのです。

 

 

ご来店予約
gardenでは売上金の一部を、
大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援しています。
 
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画|大阪でサプライズプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る