結婚指輪のgarden本店 > ブログ > ハワイアンジュエリーが結婚指輪に選ばれる理由!オススメブランドもご紹介♪
大阪の結婚指輪・婚約指輪garden本店 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

最近人気がある結婚指輪デザインのひとつに
ハワイアンジュエリーがあります。

ハワイアンジュエリーと聞くと
カジュアル・派手・ファッションジュエリー
といったイメージを持つ方が多いです。



ハワイアンジュエリーの起源は17世紀後半の英国から始まります…

当時の英国では、家族や友人への愛の言葉や思い出の言葉を彫り込んだ
「センティメンタル・ ジュエリー」と呼ばれるゴールドジュエリーが流行していました。
センティメンタル・ジュエリーは、時代を経て19世紀ヴィクトリア女王時代にふたたび流行し、
女王は国賓など大切な人々へ、センティメンタル・ジュエリーを贈ることを習慣としていました。

最愛の夫であるアルバート王子の死後、ヴィクトリア女王は華美な貴金属や装飾品の着用を禁じ、
自らも喪服で過ごしますが、唯一喪服用の
ビクトリアン・モーニングジュエリー(喪服用の黒い ジュエリー)だけは着用を許します。
その際に女王が作らせたのは、イギリスの伝統的な喪中用の意匠でもある
「スクロール模様」をあしらった黒いエナメルジュエリーで、
このジュエリ ーこそが、現在のハワイアンジュエリーの原型とされています。

英国と親密な関係にあったハワイでは、特に親交の深かったハワイ王朝、
第8代女王リリウオカラニ(当時はリリウ・カマカエハ大酋長)もアルバート王子の死を悼み、
ハワイの言葉で永遠の想い出を意味する“ホオマナオ・マウ”という言葉を
刻んだブレスレットを作らせ、一生身に着けたと言われています。

リリウオカラニ女王は、ホノルルのポフカイナ女学校の校長であり、
宮殿での舞踏会や演奏会のプログラム作成に尽力したイギリス人の恩師、
ゾーイ・アトキンソン氏に、“アロハ’オエ(あなたに愛を)” の言葉を
日付と共に黒のエナメルでブレスレットに彫り込み、
『ハワイアン・ブレスレット』として感謝の気持ちを込めて贈っています。


このように深い伝統があるハワイアンジュエリー。
現在でも継承されている伝統で、卒業・結婚・出産・記念日などの節目に

ハワイアンジュエリーを大切な人に贈ることが習慣となっています。

ハワイアンジュエリーの特徴である表面の彫りの絵柄にも
1つ1つ意味が込められています。


《彫りの意味》

 

[Old English]
聖なるつながりを意味するマイレと、
絶え間なく幸せを運ぶという意味のスクロール。


[Princess]
「ハワイの希望の星」と謳われ、
愛と希望を与え続けたプリンセスがモチーフ。

[Pulmeria]
愛の象徴を意味するプルメリアが、
愛し合う二人の幸せな未来の象徴。

【Maile】
「神が宿る神聖な葉」「絆を強く結びつける」「平和」「縁結び」
などの意味があり、大切な人との絆を表現します


このように1つ1つ意味があるデザインのハワイアンジュエリー。
ロマンチックで素敵な結婚指輪になること間違いありません♡

ハワイアンジュエリーの結婚指輪といっても様々なブランドがあります。
オススメのブライダルブランドをご紹介いたします!

 

Makana~マカナ~
ハワイアンジュエリーの結婚指輪マカナ

Maxi~マキシ~ハワイアンジュエリーの結婚指輪マキシ
Private Beach~プライベートビーチ~

Heart Island~ハートアイランド~
ハワイアンジュエリーの結婚指輪ハートアイランド

garden本店ではハワイアンジュエリーブランドを豊富にお取り扱いしております!
是非店頭にて見比べ・着け比べをして運命の結婚指輪を見つけてみてください♡

gardenでは売上金の一部を、
大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援しています。

▼コロナウイルス対策について▼

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画|大阪でサプライズプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る