結婚指輪のgarden本店 > ブログ > 意味を知ればもっと深い!ハワイアンジュエリー
大阪の結婚指輪・婚約指輪garden本店 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

こんにちは。garden本店です。
当店では、ハワイアンジュエリーだけでも6つのブランドを取り揃えております。
結婚指輪や婚約指輪などのブライダルジュエリーとしてだけでなく、ファッションジュエリーとしての需要も高く、HPをご覧いただき、ご遠方からもお越しいただいています。
マカナの指輪45
彫りの美しだが際立つ、Makanaのリング。内側にある青い石(ブルーサファイア)は、ハワイの精霊「マナ」を象徴しています。

ハワイアンジュエリーの魅力と特徴は何といっても表面の模様にあります。ハワイがまだイギリスの統治下であった時代に、イギリスで流行していた、表面にメッセージを刻印したジュエリーがハワイへ渡り、その後ハワイで独自の進化を遂げて、現在の形があります。
彫りの模様は、ハワイの自然の中にあるものがモチーフとなっており、それぞれに意味が込められているのです。
例えば、上の画像の模様には、スクロール(波)、マイレ(木の葉)が彫られています。
●スクロール(波)ハワイは大小の島からなり、海はとても身近な存在です。寄せては返す美しい波は、絶え間なく幸せを運び、永遠に途切れることのないお二人の愛を表します。
●マイレ 神の宿る木とされるマイレの葉は、平和、縁結び、絆を象徴します。ハワイでは新郎新婦の手を、マイレのレイで結び、神聖なる結びつきを表現するそうです。
●プルメリア 香り高く、一面に咲き誇るプルメリアの花は、愛の象徴です。枯れることのない豊かな愛と、一途な想いを表しています。

ホヌ(ウミガメ)海の守り神であり、幸運を運んできてくれると言われています。ホヌが泳ぐ海にはサメがいないことから、危険や災いから身を守ってくれるとされています。

このように、意味を知ると、ハワイアンジュエリーの魅力が一層深いものに感じられませんか?
これらの模様は、熟練した彫りの職人によって、一つ一つ心を込めて彫られています。Makanaの場合、お二人の結婚指輪の彫り模様は、世界にたった一人の専属の職人が、お二人の指輪を同じ日に、二つ続けて彫ることを約束としてお仕事されているそうです。
これは、彫る人が同じであっても、体調などにより、時間や日が変わると、彫りも変わるからとのことです。これから新たな人生を歩まれる新郎新婦の幸せを祈りつつ、心を込めて彫られているのですね。
garden本店にはこの他、ハワイアンのファッションジュエリーも多数ご用意がございます。是非ご覧くださいね。

ハワイアンジュエリー特集はこちらをご覧ください

 

▼コロナウイルス対策について▼
gardenでは売上金の一部を、
大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援しています。

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画|大阪でサプライズプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る