結婚指輪のgarden本店 > ブログ > ドイツの鍛造製法リング、ユーロウェディングバンドの魅力について♡
大阪の結婚指輪・婚約指輪garden本店 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

こんにちは、garden本店です。今回はドイツの鍛造製法が魅力の結婚指輪ブランド、Euro Wedding Band<ユーロウェディングバンド>についてご紹介いたします♪

Euro Wedding Band<ユーロウェディングバンド>

EURO WEDDING BAND
ユーロウェディングバンドは、伝統あるドイツの、GERSTNER (ゲスナー)EGF (イージーエフ)の 2ブランドで構成されています。一世紀以上もの歴史の中で、デザインの根底に流れる「時を越えた不変の美」をゴールドマイスターの丹念な加工技術により生み出されております。

GERSTNER (ゲスナー)

1862年の創業以来百数十年、六世代という長い歴史と合理的な製造ラインを持つ老舗の工房。ウェディングリングの基本となるシンプルなデザインと、生涯を共にするに十分な作りの良さがあります。ゲスナー社の保管庫には、古い時代の結婚指輪の型が数多く眠っています。それは、万一の修理の際に元通りの形に修復するお手本とするためです。自分たちの手を離れ、お客様の手に渡った後も共に歳を重ねていこうという覚悟が感じられるエピソードです。

EGF (イージーエフ)

リングの硬度に関する研究開発や、変形しにくい弾性のバランスのとれた地金を作り出す為にフォルツハイム工科大学とドイツ、イタリア、フランスから招いた金属工学者との共同開発をしており、マリッジリングとして理想的な強度を実現しています。近代的な設備の整ったEGFでは、デザインを形にするための加工工具まで社内製作しています。

ユーロウェディングバンドのこだわり

機能美とジュエリーとしての美しさを兼ね備えたユーロウェディングバンド。地金、ダイヤモンド、カッティング…それぞれの持つ美しさを最大限に引き出しながら余分な装飾をそぎ落とし、シンプルで存在感のあるユーロウェディングバンドは完成します。

鍛造製法

ユーロウェディングバンドのリングは、ベースになる素材から打ち抜いたリングに圧力を加え、地金を鍛え、強くしながら成型していく製法。リングに圧力を加えることにより、貴金属中のガスなどを圧縮させ、密度が高く滑らかで丈夫な仕上がりとなります。

削り出し製法

鍛造製法で作られた素材リングを高速回転させながらダイヤモンドカッターや超硬鋼の刃を用いてデザインを削り出していきます。このCNC旋盤による製法により、リングは限りなく真円に近く仕上がり、シャープで曖昧さのない形状になります。自動車や航空機などの部品の製造にも用いられるこの技術により、つなぎ目のないリングが完成します。そして大きな特徴である、指馴染みのカーブ(内甲丸)も正確に滑らかに仕上がります。

マイスター

鍛造製法や削り出し製法での加工機械によるモノ作りは、ユーロウェディングバンドの製造上、不可欠な工程です。しかし、デザインのバランスや、感覚、ダイヤのセッティングや磨きなどの製造工程では、高い職人技術が必要です。機械は必要ではありますが、あくまでも職人技術の補助的なもの、ひとつの工具として使用しています。ユーロウェディングバンドは、機械とトップレベルのマイスターの職人技によって完成します。

たくさんのこだわりを持って製作されているEuro Wedding Band<ユーロウェディングバンド>。着け心地の良さ、強度は抜群に良い、一生ものに相応しい結婚指輪ブランドです。上記以外にもデザインは多数ございます。是非店頭で着け心地の良さを体感してください!

ご来店予約
gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画|大阪でサプライズプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る