結婚指輪のgarden本店 > ブログ > 販売員もおすすめ鍛造で丈夫な結婚指輪とは?
大阪の結婚指輪・婚約指輪garden本店 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

ドイツの結婚指輪FISCHER(フィッシャー)

南大阪岸和田市FISCHERの結婚指輪2

1919年創業のフィッシャーはブライダルリングの歴史が100年以上続く歴史あるドイツのブランドです。
源にあるのは、ドイツ・マイスターの精神。

FISCHER【フィッシャー】は映画「ロードオブザリング」にも使われた、歴史を超えて受け継がれるマイスターの伝統技術と、最先端の技術の融合から生み出されるトゥルーリング(真実の愛の指輪)を作り出しています。
長年の経験で培ってきた歴史的伝統技術(鍛造製法)と最先端のテクノロジーの融合が、フィッシャーの魅力的で質の高いモノづくりの活かされています。
世界中のお客様に愛されるよう魅力的なデザインは元より、質の良い商品を作るのはもちろんのこと、誠意ある対応を心がけ、日々努力しています。

鍛造作りとは

金属をプレス機にかけて高圧で圧縮し、塊にしたものを機械で丸く打ち抜いたり、切削機で削り出したりして指輪を作る方法も鍛造製法です。
第一次世界大戦のときにドイツで出来た技法です。
戦地に向かう軍人さんたちが祖国に残す愛する人と同じ指輪を着けていける耐久性を持った鉄の指輪を作ったことがきっかけの技法です。
この技法は自動車などの機械部品を作る工程を応用して制作される場合もあります。

今日、結婚指輪にはこの「2」の製法が主に使われています。
鍛造作りのリングは密度が高く、気泡が残らないためかなり強度の良い指輪を作ることができます。
鋳造の指輪との強度を比べると、2~4倍といわれています。ただ、職人の手でひとつひとつ作り上げていくため複雑なデザインを作るのは難しく、製作に時間がかかるのも事実です。

マイスター制度

FISCHERを語る上で外せないのが、『マイスター』の存在です。
マイスターというのはどういった存在かと申しますと、日本で例えるならば、職人の親方さんにあたる存在です。ドイツでマイスターになろうと思うと、マイスターになるための試験に受からなけれいけません。
試験の前にまずマイスターの下で3-5年の修業期間を経てマイスターに認められてからマイスターのもとから卒業します。
そのあと2年間、専門学校に通い、そこから試験を受けますが、その試験も人生のうちに2回しか受けることができず、その試験に通ったものだけが『マイスター』の称号を名乗ることができます。
非常に厳しい道のりを乗り越えた職人たちが作るからこそ、FISCHERは世界最高レベルの品質の指輪を作ることができるのです。

圧巻の付け心地

高密度に圧縮された鍛造作りの指輪に、最後にマイスターによる手作業による指輪の内側への削りだし。
それによるフィッシャーの指輪の付け心地は圧巻!!
絹のようななめらかな着け心地が人気のひとつです。

販売員をも魅了!なぜFISCHERなのか

南大阪岸和田市のフィッシャーの結婚指輪2
当店のスタッフの結婚指輪にも人気なフィッシャー!
その理由とは??
南大阪岸和田市FISCHER結婚指輪
シンプルなものからドイツにしかない加工法のリングだったりと、たくさんのデザインが魅力。
シンプルなデザインの結婚指輪にするならこそ、選ぶ理由は強度があり丈夫で着け心地が良いものを選びたい。
強度良く丈夫な結婚指輪だからこそ、変形の心配が少なく安心感もあります。
店頭でもFISCHERの指輪を是非試着ください。

<関連記事>

鍛造リンんぐ特集

 

エタニティ特集

 

関連ページ

鍛造リングを取り扱うgarden梅田

garden梅田

神戸鍛造

garden神戸

鍛造リングを取り扱うgarden心斎橋

garden心斎橋

鍛造リングを取り扱うgarden本店

garden本店

鍛造リングを取り扱うgarden姫路garden姫路
京都で鍛造造りの結婚指輪garden京都

 

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画|大阪でサプライズプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る