結婚指輪のgarden本店 > ブログ > 結婚指輪の製法の違い!鍛造と鋳造とは?
大阪の結婚指輪・婚約指輪garden本店 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

こんにちは。
本日は結婚指輪の製法の違いを簡単にご説明させていただきます。
結婚指輪のには大きく分けて2つの製法があります。

鍛造製法とは

鍛造とはまさに字のごとく<鍛えて造る>方法で、金属をハンマーなどで叩いて圧力をかけ婚約指輪、結婚指輪をつくる製法です。
何度も強い圧力を加える鍛造製法でつくられる高密度のリングは一生着けてもゆがみにくい耐久性に優れています。
内側から伸ばして作っていくことによって、内側が滑らかになり、丸みを帯びた仕上げになります。
そのため指通りが良くなり、するっと指にフィットする気持ち良さがございます。

鍛造製法の結婚指輪

鋳造製法とは

ワックスと呼ばれる樹脂を削り指輪の原型という型を製作後、溶かした金やプラチナ7を流し込んで固め、造形する製法です。
樹脂で製作したものがそのまま金属になるので、金属そのものを加工するより作業しやすく、合理的にジュエリーを製作できます。
ウェーブや繊細な指輪でも作れます。

鋳造製法の結婚指輪

製法の違いや好みのデザインで、結婚指輪を決める基準にしてもよいかもしれません。
是非店頭でお気軽にご相談くださいませ。

関連ページ

鍛造リングを取り扱うgarden梅田

garden梅田

神戸鍛造

garden神戸

鍛造リングを取り扱うgarden心斎橋

garden心斎橋

鍛造リングを取り扱うgarden本店

garden本店

鍛造リングを取り扱うgarden姫路garden姫路
京都で鍛造造りの結婚指輪garden京都

 

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画|大阪でサプライズプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る