結婚指輪のgarden本店 > ブログ > 失敗しない結婚指輪の選び方鍛造製法と鋳造製法の違いって?

結婚が決まると、入籍日や両家の顔合わせの日程、挙式や新居探しなど沢山の事を決めないといけないですよね。
結婚指輪探しも結婚準備の重要な1つです。
一生物の結婚指輪だからこそ、失敗したくないですよね!
そんな方に結婚指輪の重要なポイント「鍛造製法と鋳造製法の違い」をご紹介致します。

 鋳造製法(ちゅうぞうせいほう)

ワックスと呼ばれる樹脂を削り指輪の原型という型を製作後、溶かした金やプラチナ7を流し込んで固め、造形する製法です。樹脂で製作したものがそのまま金属になるので、金属そのものを加工するより作業しやすく、合理的にジュエリーを製作できます。ウェーブや繊細なデザインが得意と言われる製法です。

 鍛造製法(たんぞうせいほう)

鍛造とはまさに字のごとく<鍛えて造る>方法で、金属をハンマーなどで叩いて圧力をかけ婚約指輪、結婚指輪をつくる製法です。何度も強い圧力を加える鍛造製法でつくられる高密度のリングは一生着けてもゆがみにくい耐久性着け心地に優れています

 

いかがでしたか?
それぞれの長所を見てどちらの方がより自分達に合うのか是非お好みを探してみてください。

高品質リングフェア~12/5(日)

garden本店公賓汁リングフェア

開催中の高品質リングフェア!25万円以上のブライダルリングご成約で新生活にぴったりのペアグラスをプレゼント♪是非この機会をご活用ください!

 

関連ページ

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画|大阪でサプライズプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る