結婚指輪のgarden本店 > ブログ > 強度や着け心地にこだわるなら鍛造製法がオススメ!鍛造製法の魅力♡
大阪の結婚指輪・婚約指輪garden本店 スタッフブログ

Recent Blog

Archives

結婚指輪にこだわるポイントはどこですか?ブランド?デザイン?品質?強度や着け心地、アフターサービス…もちろんすべて満たしている結婚指輪を選びたいですよね♡
ただたくさんあるこだわりポイントの中でも優先順位をつけた際に上位にあがってくるポイントは【強度や着け心地】が多いです!

今回は強度や着け心地を重要視する方に是非おすすめの鍛造製法についてご説明いたします。

鍛造製法って?

鍛造とはまさに字のごとく『鍛えて造る』方法で、金属をハンマーなどで叩いて圧力をかけ婚約指輪、結婚指輪をつくる製法です。何度も強い圧力を加える鍛造製法でつくられる高密度のリングは一生着けてもゆがみにくい耐久性に優れています。内側から伸ばして作っていくことによって、内側が滑らかになり、丸みを帯びた仕上げになります。そのため指通りが良くなり、するっと指にフィットする気持ち良さがございます。鍛造製法の中にも2種類の製法がございます。

伝統的な鍛造製法

金属の塊を叩いたり、伸ばしたりして棒状にしたものを曲げて指輪を作る鍛造方法です。熱して柔らかくした金属が鍛えられ、引き締められながら徐々に成形されていきます。この鍛造製法は多くの手間と職人の経験や技量が必要とされる方法です。この技法は刀づくりなどにも用いられる長い歴史を持つ伝統的な技法です。

プレス・削りだしによる鍛造製法

金属をプレス機にかけて高圧で圧縮し、塊にしたものを機械で丸く打ち抜いたり、切削機で削り出したりして指輪を作る方法も鍛造製法です。第一次世界大戦のときにドイツで出来た技法です。戦地に向かう軍人さんたちが祖国に残す愛する人と同じ指輪を着けていける耐久性を持った鉄の指輪を作ったことがきっかけの技法です。この技法は自動車などの機械部品を作る工程を応用して制作される場合もあります。

結婚指輪には主にこの「プレス・削りだしによる鍛造製法」が主に使われています。鍛造作りのリングは密度が高く、気泡が残らないためかなり強度の良い指輪を作ることができます。鋳造の指輪との強度を比べると、2~4倍といわれています。ただ、職人の手でひとつひとつ作り上げていくため複雑なデザインを作るのは難しく、製作に時間がかかるのも事実です。

鍛造製法について詳しくはコチラ
鍛造製法の結婚指輪(マリッジリング)婚約指輪(エンゲージリング)

オススメ鍛造製法ブランド

9650230 & 9750230

FISCHER

世界一の強度を誇る100年以上続くドイツの老舗ブランド。
鍛造製法といえばFISCHER!!
E30821/50 & E40821/50

Euro Wedding Band

ゴールドマイスターの丹念な加工技術により生み出されております。
Midtown N.Y 爪留め

GRACE KAMA

エタニティリング専門ブランド。従来の鍛造製法では難しかった特殊な製法により細かなディテールを正確に実現することができました。
万華鏡 Mangekyou

輝彩

日本の美しい自然の風景「花鳥風月」をテーマにしたブライダルジュエリーブランドです。

関連ページ

gardenでは売上金の一部を、大阪府の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
プロポーズ応援企画|大阪でサプライズプロポーズをご検討の方へ
トップヘ戻る